読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MIMUKKO

なにげない日常を楽しく、シンプルに。

やけどの応急処置に湿布を貼ってみたけど…

昼食にラーメンを食べようとして、盛大に熱湯を足にぶちまけました。

数年ぶりの火傷。。いい歳して母に怒られながら、お風呂場に直行しました。

とりあえず冷やさなきゃ。と、1分ほど両足の甲を冷やしたけど、真っ赤っか~です。

氷水で冷やそうと思って冷蔵庫を開けると…

買い置きしていた 氷がない!

(うちの冷蔵庫は買った当初から氷がちゃんと作れません。できても製氷皿ごと凍って、取り出せないっていう…)

どうやら、ちょうど切らしていたらしく。。

なにか冷やせるものはないかと考えていたところ、母が「これを使いなさい」とくれました。湿布を

ええ~…効くの?と半信半疑ながらも、しぶしぶ両足に貼る私。

で、6時間そのまま貼りっぱなしで。さっきお風呂に入る前に剥いでみたところ…なんと赤みが取れてました!

さすがに即効性はないけど、軽いやけどの応急処置には使えるんじゃない?

なーんて思っていたんだけども。。

調べてみると、これってやっちゃいけない事だった!( ゚Д゚)

この間違った応急処置、便利だから結構やっちゃってる人が多いみたいです。

冷えピタとか湿布とかをやけどした場所に貼っても意味ないらしいです。

なぜかというと… 熱を閉じ込めちゃうから。
何の意味もないですね。逆に悪化しそう。

もう湿布は貼らないようにしよ。。

やっぱり、やけどの応急処置には「氷水」が一番です!