読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MIMUKKO

なにげない日常を楽しく、シンプルに。

黒は白の2倍重い!?暮らしに役立つ、色と重さの関係性

f:id:mimuko77:20170420222803j:plain 引っ越し、部屋の模様替え、大掃除。

何かモノを移動するときって動かすのが大変ですよね。
小さい家具はらくらく運べるのに、大きな家具はほんとに大変!

でもそれって、大きさだけの問題ではないと知っていましたか?
じつは色にも重さが存在するんです。

このことを知っておくと、日常のあらゆる場面で応用できるのでオススメです。

色の明るさと重さの関係

色の重さは明度(明るさ)で変わってきます。

たとえば、同じ大きさの白いイスと黒いイスを想像してみてください。
あなたはどちらのイスが軽いと思いますか?

当然、白いイスですよね。

これは実際に、箱を使って実験した方がいて、「黒は白より2倍重い!」という結果が出たそうです。

クロネコヤマトなどの運搬業者の中には、この効果を利用して、普通のダンボールではなく白い箱を使っているところもあります。
これには、荷物を届けるドライバーの心理的な負担を少なくし、作業を効率よくする作用があるのだそうです。

逆に、金庫などの貴重品を保管する場所には、重く感じるよう黒が使われています。

色のトーンでさらに変わる

じゃあ青色は重いんだね?と思うかもしれません。
しかし、青色にも濃い青や薄い青があるので、黒のように「青=重い」とはならないのです。

このように、原色にも1つ1つトーンがあるので重さも変わってきます。

色のトーンに関しては、人それぞれ重さの感じ方が違うらしいので、あなたの直感で判断しもらって大丈夫です。

暮らしに取り入れてみる

持ち運びが大変な家具の色は明るい色、貴重品を入れる棚は暗い色。
大きなバッグは明るく、小さなバッグは暗く。

ちょっとした工夫でカンタンに暮らしの中で活用できます!

余談ですが、私はシンプルライフを始めてから、いろんなシンプリストさんやミニマリストさんのブログを訪問する機会が増えました。

そこで、ふと気が付いたんです。
皆さんわりと白を中心に取り入れているな~と。  

シンプルを求めて、無意識的に軽い色を取り入れているのでしょうか?
だとすると、何だか面白いですね♪

好きな色があるなら、重さなんて気にしなくていい!

ここまで説明しといて、結局それかい!と思うかもしれませんが、やっぱり色の暗い家具が好きな人もいます。(私も好きです)

色に重さがあると言っても、モノそのものの重さが変わるわけではありません。あくまで私たち人間の体感です。

だから自分だけのラッキーカラーがあるなら、気にしなくていい。
自分がワクワクする色を選びましょう!

さいごに

いかがでしたか?
カラーコーディネートやカラーセラピーなど、色が私たちに与える効果ってほんとに不思議ですよね。

色の重さも、使い方はきっと無限大。
みなさんも困った時は活用してみてはいかがでしょうか。

ここまで読んでいただきありがとうございました*